« アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因 | トップページ | 「がん患者大集会」現在の日本のがん医療について、患者や家族、遺族の8割が不満 »

2005.05.30

肥満防止に公立学校から炭酸飲料、ジャンクフードを締め出す:米コネチカット州

CNN 2005年5月23日
http://edition.cnn.com/2005/HEALTH/diet.fitness/05/23/school.nutrition.ap/index.html#
関連日本語記事 朝日新聞 2005年5月20日
http://www.asahi.com/international/update/0520/004.html

要約
公立学校から炭酸飲料、ジャンクフードを締め出す法案が先週、米コネティカット州下院で可決された。未成年の肥満率の増加が問題となっている米国では、学校での炭酸飲料やジャンクフードなどの販売に歯止めをかけようという動きが出ているが、州の全学年、公立学校全体で販売を認めない法律が成立する見通しとなったのは、初めてという。法案は、最終的にドリンク会社の強い反対などにより許可された高校での限られた時間におけるスポーツドリンクとダイエット・ソーダ類の販売は認めた。

私がこちらに来たばかりの頃、アメリカ人と一緒にファーストフードに入り炭酸飲料(主にコーラ)を頼まないとなぜ頼まないのか、と不思議がられたこ とが何度もありました。また、こういったお店では炭酸飲料が苦手な私などは飲むものがなく仕方なく水を頼んだといった事が何度もありました。これぐらいア メリカでは炭酸飲料がよく飲まれています。それも面白いことに大概のファーストフード店では、これらの飲み物がお代わりが自由なのですが、彼らは必ずと 言ってよいほど最も値段の高い大きいサイズを頼みます。何度か理由を訪ねましたが、明確な回答を持つ人はいませんでした。ただの習慣、何となくと言うのが 実際のところではないでしょうか。

「アメリカに住む人にとって炭酸飲料、ジャンクフードとは」と考えたときに印象的な事を書くと、私はアメリカに来て最初に働いていた病院ではプライベート オフィスを持っていました。このオフィスの隣には、糖尿病を専門にしている病棟があり、ここでは日本と同じように糖尿病の患者さん向けに講習会が行われて いました。その講習会に参加している人は、想像通り日本人ではみたことがないような、飛行機に乗るときにはシートベルトの延長が必要そうな太った体型の人 が多かったのですが、その講習の昼休みに病院のフードコート(病院の中で唯一の食堂ですが、簡単に言うとファーストフードのお店がいくつか一緒になって集 まったもの)でその患者さん達が、ハンバーガーとポテト、炭酸飲料のセットやポテトチップスを食べているのを見たときは驚きました。講習の内容は知りませ んが、日本ではまず最初に食事指導などを受け、最も食事内容を気にしなければならないような人達が、その講習中にこういった物を食べている光景は、日本の 医療しか知らなかった私にはかなり衝撃的でした。

 こういった光景を見ながら考えた事は、これらのジャンクフード(ここではファーストフードを含む)は、日本食で言うところのご飯、みそ汁で、さし ずめ炭酸飲料はお茶にあたるのではないかということでした。アメリカで暮らす人にとっては知らず知らずのうちに慣れ親しみ日本食と同じ意味でのアメリカ食 では、切っても切れないなくてはならないものに違いないんだという結論に至りました。

 確かにアメリカのマクドナルドやケンタッキーのようなファーストフードでは、親に連れられてきている乳幼児から定年を過ぎたような老夫婦までが、 仲良く食事をして炭酸飲料を飲んでいる姿を目にすることができます。アメリカ住まいが長くなるに連れ、じゃあ、アメリカでこういった炭酸飲料、ジャンク フードに代わるものに何があるかと聞かれると確かに返事に困ってしまうかもしれません。そんな事を考えながらこの記事を読むと炭酸飲料、ジャンクフードに 幼少の頃から慣れ親しんだ今の学生達にとってこの法案は、まさに日本食に慣れ親しんだ我々、日本人が急にお茶を飲むのを辞めろと言われるのと同じで、そん なことを言われてもできないと言うのが、本音なのではないでしょうか。

 医者の立場から言うと糖尿病患者にできないことを学生にさせようとするのには無理があるのでと思ってしまいます。まあ、学校でだめでも家に帰れ ば、いくらでも飲み食いすることができますし、これだけで効果があるとは到底、思えません。日本人が慣れ親しんでいるのがコーラなどの炭酸飲料、ジャンク フードでなくて本当に良かったですね。


地元鎌倉出身の内科・消化器科医院
経鼻胃カメラ・大腸カメラ検査のさかい内科・胃腸科クリニック

« アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因 | トップページ | 「がん患者大集会」現在の日本のがん医療について、患者や家族、遺族の8割が不満 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肥満防止に公立学校から炭酸飲料、ジャンクフードを締め出す:米コネチカット州:

« アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因 | トップページ | 「がん患者大集会」現在の日本のがん医療について、患者や家族、遺族の8割が不満 »