« 2005年7月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.05.05

当直医「翌日休めず」9割・日本病院会調査

当直医「翌日休めず」9割・日本病院会調査


 勤務医の9割が夜間当直明けで休まずにそのまま通常通りの勤務をこなしていることが11日、社団法人日本病院会のアンケート調査でわかった。勤務医不足で過密な勤務スケジュールを強いられ、慢性的な疲労が医療過誤につながると考える医師が7割に達した。

 調査は同会に加入する2535病院を対象に実施し、536病院、5635人の勤務医から回答を得た。

 当直を月に3—4回以上こなす医師は40.8%、5回以上は17.1%いた。当直明けに「半日またはそれ以上の代休がある。忙しかった当 直の翌日のみ少し仮眠がとれる」医師が10.8%だったのに対し「忙しさとは関係なく普通勤務をせざるを得ない」との回答は88.7%にのぼった。

[2007年4月12日/日本経済新聞 朝刊]




続きを読む " 当直医「翌日休めず」9割・日本病院会調査"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2007年12月 »