2007.12.29

中強度の運動でメタボリックシンドロームのリスクが減少

 ほぼ毎日、1日30分早足で歩く中強度の運動だけで、メタボリックシンドロームの解消に十分であることが示され、医学誌「AmericanJournal ofCardiology」12月15日号に掲載された。研究開始時、被験者171人中41人がメタボリックシンドロームであったが、研究終了時には27人になったという。

 この結果、低運動量で中強度の運動がメタボリックシンドロームの改善に極めて有効であることが判明した。運動量の最も多い、週32kmジョギングする高運動量/高強度運動群ではこれよりわずかに高い効果が認められたが、低運動量/高強度運動群では、低運動量/中強度運動群ほどの改善は認められなかったという。このことから、週に数日激しい運動をするよりも、中強度の運動を毎日あるいはほぼ毎日続ける方が有効であると研究グループは述べている。腹囲の低下については、いずれの群でも効果が認められた。ボディ・マス・インデックス(BMI:肥満指数として用いられる)の減少効果は高運動量/高強度運動群で最も高く、平均29.2から28.4に減少したという。

 以上の結果から、運動不足で太り気味の人は、ほぼ毎日30分の早足での散歩に出かけるようにすれば、健康状態を改善できる可能性が高いといえる。別の専門家は、「この知見は運動によるメタボリックシンドロームリスク軽減の効果を裏付けるものであるが、中強度の運動でこれほど十分だとは予想外だった」と述べている。

[2007年12月17日/HealthDay Newsより]

(日本語訳は12月27日日本経済新聞サイトより要約)

続きを読む "中強度の運動でメタボリックシンドロームのリスクが減少"

| コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

健康 医療 環境 病気